中小企業の全社的リスクマネジメントとは? | 社外財務部長 原 一浩
中小企業の全社的リスクマネジメントとは? | 社外財務部長 原 一浩

社外財務部長 原一浩の公式サイト

【事業にはリスクがついて回ります】全社的にリスクをマネジメントする方法とは?

【事業にはリスクがついて回ります】全社的にリスクをマネジメントする方法とは?

全社的リスクマネジメント

 

トレッドウェイ委員会支援組織委員会(Committee of Sponsoring Organization of the Treadway Commission :COSO)は、2017年9月に「Enterprise Risk Management-Integrating with Strategy and Performance」を公表し、2018年4月にその邦訳が出ました。

書名は「COSO 全社的リスクマネジメント」です。ERMの新しい考え方を見てみましょう。

ERMフレームワークの改訂理由

フレームワークの起草者であるPwCは、以下のように述べています。

2004年にERMが発行されてから、事業運営の複雑さの変化、新たなリスクの発生などがかつてない早さで次々と生まれ、クライアントの行動変化は、予測不可能な世界の経済情勢に大きな影響を与えていること、技術が進化し続け、透明性を求める声は大きくなり、戦略計画策定や業務遂行能力の重荷になっている。

これらの、課題に対処するためには、現在及び将来の企業価値の創出、維持、実現につながる新しいリスクマネジメントのアプローチが必要。

 

ERMとは

ERMとは、リスクを全社的視点で認識・評価し、優先順位を明確にした上で、残存リスクの最小化を図るために、重要リスクに対する統制へリソースを優先的に配分し、継続的にリスク管理体制を強化していく一連のプロセスです。

 

COSOが考えるERMの位置づけ

COSOでは、ERMを経営戦略遂行に不可欠のものとしています。下の図は、ミッション、ビジョンおよびコアバリューに沿って、事業体の全体的方向性とパフォーマンスの原動力となる考慮事項を示しています。

 

事業体の目的を達成するための4つのカテゴリーとして、戦略、業務活動、財務報告、コンプライアンスを挙げています。

構成要素としては、以下の8項目を挙げています。

  1. 内部環境
  2. 目的設定
  3. 事象認識
  4. リスク評価
  5. リスク対応
  6. 統制活動
  7. 情報とコミュニケーション
  8. 監視活動

 

 

「COSO 全社的リスクマネジメント」より

 

ERMのフレームワーク

フレームワークは、相互に関連する5つの要素によって構成される一組の原則からなっています。

以下が、5つの原則です。

  1. ミッション、ビジョンおよびコアバリュー
  2. 戦略の策定
  3. 事業目標の体系化
  4. 実績とパフォーマンス
  5. 価値の向上

 

「COSO 全社的リスクマネジメント」より

関連記事

無料相談

おススメの記事