我が国企業による海外M&A研究会報告書 | 社外財務部長 原 一浩
我が国企業による海外M&A研究会報告書 | 社外財務部長 原 一浩

社外財務部長 原一浩の公式サイト

我が国企業による海外M&A研究会報告書

我が国企業による海外M&A研究会報告書

 

経済産業省は、「我が国企業による海外M&A研究会」等における議論の成果として、(1)日本企業が今後、海外M&Aを有効に活用していく上で留意すべきポイントと参考事例をまとめた報告書及び(2)特に経営者目線で重要なポイントを事例とともにまとめた「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」をとりまとめ、2018年3月に公表しました。

 

1.海外M&A研究会開催の背景

 

近年、大型案件を含め日本企業が海外企業を買収するIN―OUT型のM&Aの動きが活発化していること。

 

比較的規模の小さい企業や国内を主たる事業基盤としていた企業も含め海外M&A活用の裾野が拡大していること。

 

海外M&A業務の遂行の上で参考となる事例・取組等を整理・提示し、活用を促進することで、海外M&A成功のための一助とする。

 

2.「報告書」のポイント

 

日本企業が今後、海外M&Aを有効に活用していく上で留意すべきポイントと参考事例をまとめた「我が国企業による海外M&A研究会報告書」をとりまとめました。

「報告書」の主なポイントは以下の通りです

海外M&Aを企業の成長に有効活用するためには、経営トップがプロセス全体に主体的にコミットして、リーダーシップを発揮した上で、個別案件の実行力のみならず、戦略ストーリーの構想力、基盤としてのグローバル経営力を併せ持つことが重要です。

 

(1)周到な事前準備と買収を契機としたグローバル成長の実現

 

買収の実行局面のみではなく、その「前」(戦略立案と周到な準備)と「後」(買収を契機とした自己変革と一層のグローバル成長実現)の取組がM&Aの成否に大きな影響を与えます。

 

(2)海外M&A成功に向けた3つの要素とトップのコミットメント

 

海外M&Aの有効活用のためには、個別案件の実行力に加え、戦略ストーリーの構想力、基盤としてのグローバル経営力を併せ持つことが重要です。

これら全体を通じて、経営トップが主体いぇきにコミットし、リーダーシップを発揮することが重要です。

 

(3)「M&A戦略ストーリーの構想力」

 

中長期の時間軸で自社の「目指すべき姿」をまずはっきりさせたうえで、そこから逆算して、明確かつ一貫した成長戦略・ストーリーに基づいて「なぜ海外M&Aがひつようなのかを」十分に検討し、経営者自らが社内外に発信することが重要です。

 

(4)「海外M&Aの実行力」

 

自社の成長戦略・ストーリーが明確であることを前提として、これを判断軸として平時から海外M&Aを検討・準備しておくことにより、各プロセスの実効性を高め成功につなげることが大切です。

 

(5)「グローバル経営力の強化」

 

海外M&Aの実行はグローバル経営のスタートです。

買収完了で立ち止まることなく、海外M&Aを契機として、買収先の優れた手法の導入や本社基盤の見直し等を通じて真のグローバルカンパニーとして成長が可能な体制へ変革していくことが重要です。

 

関連記事

無料相談

おススメの記事