» 【経営改善をしたいと思っている中小企業経営者のための情報】早期経営改善計画策定支援制度
 » 【経営改善をしたいと思っている中小企業経営者のための情報】早期経営改善計画策定支援制度

社外財務部長 原一浩の公式サイト

【経営改善をしたいと思っている中小企業経営者のための情報】早期経営改善計画策定支援制度

【経営改善をしたいと思っている中小企業経営者のための情報】早期経営改善計画策定支援制度

早期経営改善計画策定支援

 

国が認める士業等専門家の支援を受けて資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図などの早期の経営改善計画を策定する場合、専門家に対する支払い費用の3分の2(上限20万円)を国が負担する制度があります。

 

制度の特徴

  • 条件変更との金融支援を必要としない簡潔な計画
  • 計画策定から1年後に、フォローアップで進捗状況を確認
  • 計画策定により自社の状況を客観的に把握
  • 必要に応じ本格的な経営改善や事業再生の支援策を紹介

 

制度の手続きの流れ

この制度を利用するための、手続きを事業者、認定支援機関、経営改善支援センター、金融機関という登場人物に分けて概要を説明します。

 

ローカルベンチマーク活用

ローカルベンチマークを活用することにより、企業の経営状況を分析することが可能であり、ローカルベンチマークを参考にすることで、より具体的な早期経営改善計画を策定することが可能になるほか、計画策定後もさらに計画を掘り下げて分析することが可能になるので、ローカルベンチマークの活用が推奨されています。

 

関連記事

無料相談

おススメの記事