» 【持続可能で多様性と包摂性のある社会のために】SDGs(エスディージーズ)とは?
 » 【持続可能で多様性と包摂性のある社会のために】SDGs(エスディージーズ)とは?

社外財務部長 原一浩の公式サイト

【持続可能で多様性と包摂性のある社会のために】SDGs(エスディージーズ)とは?

【持続可能で多様性と包摂性のある社会のために】SDGs(エスディージーズ)とは?

.SDGsとは?

「持続可能な開発目標」(SDGs)は、

2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択されたものです。

 

「誰一人取り残さない」

 

持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために、

2030年を年限として「17の国際目標」が定められました。

また、特徴は5つとなります。

 

持続可能な17の 国際目標

 

※外務省HPより引用

 

SDGsアクションプラン2018」の概要

日本は、SDGsの推進を通じて、創業や雇用の創出を実現し、

 

少子高齢化やグローバル化の中で実現できる

「豊かで活力のある未来像」を、世界に先駆けて示していくことにしました。

 

そのため、日本ならではの「SDGsモデル」を構築しています。

 

「SDGs実施方針」を定め、
8つの優先分野に総力を挙げて取り組むため、政府の主要な取組を盛り込んでいます。

 

日本の「SDGsモデル」の特色づける大きな柱は、3つです。

 

 

 

※外務省HPより引用

 

「SDGs実施方針」の8分野における政府の取組は、以下のようになっています。

 

※外務省HPより引用

 

関連記事

無料相談

おススメの記事